福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

はじめのはじまり

2016年現在、私たちにとって、インターネットはとても身近なものとなりました。

1990年代—常に持ち歩き始める携帯電話。折りたたみ式やスライド式など様々なデザインの携帯電話が登場しました。

1990年代後半には「着メロ」、「写メール」など知らず知らずのうちにインターネットへ接続機会が始まり、

2000年代—「携帯ホームページ」から、「ブログ」、「ケータイ小説」。そして、パソコン用のホームページが見れる「フルブラウザ」と21世紀に入りあっという間に身近なものとなり、ガラパゴス携帯という言葉も産まれした。

そして、2008年–スマートフォンの発売。

私もiPhone 3GSからスマホを使い始め、6年以上が経過しようとしています。

当時は3G回線でインターネットもまだまだ使いにくい状況が続いていましたが、

Pexels / Pixabay

Pexels / Pixabay

2012年—4G LTEサービスが開始されたことにより、環境が一変しました。

電話やメールをするための携帯電話から、インターネットサービスをフルに活用するスマートフォン。

コミュニケーションの形も、いわゆるTwitter, Facebook, LINEなどのソーシャルメディアとなり、

ブラウザ中心だったサービスもアプリへ。

そして、Youtubeなど容量の大きい動画サービスも台頭してきています。

電通社発表による「2015年 日本の広告費」では、インターネット広告費が前年比110.2%。

遡ること、2012年から4年連続のプラス成長をしています。

しかしながら、この成長に使う側が追いついていないというのも事実。

ホームページを作れば、誰かが見てくれる。
ソーシャルメディアを始めれば、みんながフォローしてくれる。

本当にそうでしょうか?

ijmaki / Pixabay

ijmaki / Pixabay

インターネット上には、「無料でできるサービス」もたくさんありますが、

何の指針も持たず初めても、いたずらに時間を浪費していくだけです。

少しでも多くの方が

インターネットを使ってよかった

と言ってよりこの環境が盛り上がっていけるよう、

インターネットでの広報・広告を上手に使っていくために少しでも参考になればとこのホームページを立ち上げました。

これからインターネットに取り組む、中小企業や地域団体などの広報・宣伝担当者の道筋となれば幸いです。

そしてこの機会を通じ、私も福島県でインターネット広報、コンテンツマーケティングで生きていけるよう頑張りたいと思います。

2016/06/24