福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

wordpress

スマホUIに優れた店舗向けWordPressテーマSWEETY

WordPressでは、その企業向けに一から構築する「フルカスタマイズ」ページと、既存テーマを利用した「テンプレート」ページがあります。

テンプレートを利用する際には、予め自社の意向に一致したテーマを探すのに苦労するのですが、「○○向け」とコンセプトを立てて制作されているテーマも増えているので、以前よりずっと探しやすくなってきています。

現在、変革期にある「スマートフォンに対応すること」は重要な要素のひとつだと個人的に感じていますが、気に入ったものがなかなか見つからない…。というのが正直なところ。

その中で、ようやく気に入ったデザインに出会うことが出来ました。

それが、株式会社デザインプラスのWordPressテーマTCDシリーズの「SWEETY」です。

SWEETYを選んだ理由

  • トップページがシングルページデザインである
  • スマートフォンのナビゲーションメニューがスライドインメニュー
    かつ、メニューまわりが整理されている

スマホ重視でテーマを選定している私にとって、ナビゲーションメニューは最重要項目です。

最重要項目にも関わらず、良いテーマがあっても、メニューで妥協してしまうことも多々ありますが、これなら満足。

テーマ利用者としては、制作してる方にぜひ意識して欲しい点です。

そのテーマのデモが→コチラ

写真に力があるから…と不審になっている方もいるかもしれませんが、きっと満足して頂けるテーマの1つになるでしょう。

SWEETYの特長

  • トップページの設定は「テーマオプション」設定で簡単
    カスタム投稿タイプ・投稿ページの設定もテーマオプションで行えます。
  • 「商品」「ギャラリー」「お知らせ」のカスタム投稿タイプが設定済
    「お知らせ」は投稿ページのような扱いなので、使い方を工夫しましょう。
  • 投稿記事のシェアボタンが豊富
    5つのデザインと8種のSNS、記事の前後配置が設定できます。
  • 投稿記事の独自装飾スタイルが豊富
    カラムや見出し、囲み枠、ボタンなどが用意されています。
  • スマホ用ウィジェットが別
    ページ下部に追いやられてしまうサイドバーなどスマホ用に工夫できます。

もちろん、テンプレートのため、必要ない機能や不足な部分もあるかもしれません。

そんな時は、その機能だけ使わないように選択したり、カスタマイズして機能を追加することで、解消することもできるのが、WordPressテーマの良いところです。

良くあるカスタマイズは、TCDテーマのダウンロードサイトでも確認できますよ。

SWEETYのカスタマイズ

機能追加等カスタマイズは、テーマを制作している方々の想定外の事象が起こる可能性があるので、自己責任で行ってください。

私は、以下のカスタマイズを行ないました。

  • カスタム投稿タイプ「お知らせ」
    お知らせで表示されていなかった「シェアボタン」と「ページネーション」を追加。
  • 表示順等の変更とそれに伴うスタイル調整
  • 細かな機能の制限と追加

もちろん、カスタマイズなしでも充分使えるレベル。

微調整は行ったものの、ほぼそのまま使用する事ができました。

jarmoluk / Pixabay

そうそう、カスタマイズの際、唯一、気をつけなくちゃならない事は、文字コードが「Shift-JIS」になっていることですかねー。

WordPressテーマには、無料のものと有料のものがありますが、良いホームページを作るために有料テーマも検討してみるのも良いですし、実現により近づけるために「カスタマイズ」しやすい柔軟性も大事なポイントですね。

思わず、記事にしたくなる良いテーマでした。

-wordpress
-, ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで赤べこマーケをフォローしよう!