福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

ソーシャルメディア

事例を使ってより具体的に紹介しよう

2016/09/06

企業サイトにとって、製品やサービスを紹介する事は、ホームページ制作の目的に直結する大切な項目のひとつです。

その中で、過去記事では、現在の状況を伝える事」「お客様に夢を与える事を紹介してきました。

今までの関連記事一覧は、タグ:企業サイトをご覧ください。

 

上記には、もう一つ忘れてはならない事があります。

それは、多くのサイトでも既に紹介されているような「事例」です。

事例は、閲覧者にとって自身の状況を投影し、その製品やサービスが適切であるか判断するために必要なものです。

企業にとって、お客様の情報などを公開しなければならないなどハードルが高い点がありますが、

記事の体裁を工夫するなどして、ぜひ掲載していきましょう。

 

事例にはストーリーを書きましょう

では、具体的にどのように記載していけば良いのでしょうか?

写真を掲載しただけでは、具体的なイメージが湧かず、自身を投影することは難しいでしょう。

大きなインパクトを与えるような場写真を除き、結果だけでは、その内容の理解や想像を閲覧者に委ねることになってしまっています。

Comfreak / Pixabay

その場合には、事例となるお客様がどのような問題を抱えていて

解決する手法として「貴社の製品・サービスを利用した」といったいくつものストーリーが効果的です。

上記により、同じような状況にあるお客様が自身を投影しやすくなり、

製品・サービスへの理解がより深まっていく事となります。

また、こういった内容を検索されやすいキーワードと組み合わせることで、

検索結果にも配慮することとなり、SEO対策にも繋がっていくでしょう。


 

お客様が貴社の製品・サービスを利用する際、どんな理由で選ばれたのかまで調査し、ホームページへと反映させていってください。

-ソーシャルメディア
-, ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで赤べこマーケをフォローしよう!