福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

wordpress ホームページ

wordpressテーマテンプレートの基本的な設定をしよう

2016/09/07

wordpressでは、様々な種類のテーマやデザインがテンプレートとして準備されていることを、前回、wordpressでデザイナー任せでないwebデザインをするためにで紹介させていただきました。

ダッシュボード > 外観 > テーマ > 新規追加 にて、テーマを検索し「インストール」するか、

テーマを提供しているサイトからダウンロードしたzip形式のテーマファイルを「ファイルをアップロード」することで、

新たなテーマデザインの設定準備を行なうことができます。

また、新たにインストールされたテーマデザインは、ダッシュボード > 外観 > テーマ にて、一覧で確認する事ができます。

メニューを選択し、テーマデザインを確認してみましょう。

 

インストール済のテーマ一覧より、選択したいテーマにマウスを乗せると、「テーマの詳細」「有効化」「ライブプレビュー」のボタンが表示されます。

ライブプレビューを押すことで、そのテーマデザインをブログに適用させたイメージを確認する事ができます。

※既に有効化している場合には、ダッシュボード > 外観 > カスタマイズ でも同じ画面に移動します。

デザインは上手く反映されたでしょうか?

新着記事の表示を主としたブログテーマ(Blog Theme)を選ばれた方は、多少の変更はあれ、ほぼ表示されたと思いますが、

その他のテーマを選ばれた方は、デザインが反映されていないようなイメージになっていると思います。

テーマによって様々なトップページの設定方法がありますが、ブログテーマ以外のテーマでは、

固定ページやウィジェットでトップページのレイアウトを作成することがあります。

まずは、サイトのプレビューでテーマの基本的な設定を行なっていきましょう。

bykst / Pixabay

サイトの基本情報

サイトのタイトルとキャッチフレーズを設定します。

サイトタイトルはインターネットブラウザのタブに表示されるだけでなく、検索結果にも表示されるので、「株式会社○○○○のブログ」といった内容ではなく、検索ワードやコピーなどを含めることも検討しましょう。

キャッチフレーズはサイトタイトルの下などに表示することもできます。

ダッシュボード > 設定 > 一般 でも設定できます。

サイトアイコンは、wordpress4.3から標準となった機能で、インターネットブラウザのタブにアイコンが表示されるようになります。

また、スマホ等でもアイコンとして表示されます。

サイトのイメージとなる512×512ピクセルの正方形画像を準備して登録しましょう。

メニュー

メニューとして設定した内容を選びます。

メニューは、ダッシュボード > 外観 > メニュー で作成します。

固定ページの内容だけでなく、投稿ページ(ブログ)の記事やカテゴリ、カスタムURLでも設定できます。

ただし、SEO対策の観点からは、検索エンジンのサイトリンクという機能に登録されやすくなるという点から、なるべく固定ページでのメニュー作成をお勧めします。(カスタマイズが必要になる場合があります。)

ウィジェット

様々な場所にウィジェットを表示できるように選択します。

テーマにより、表示できる場所は異なります。

ウィジェットを利用する事でサイドバー等に、メニューや最近のコメント、バナー、SNSのタイムラインなど常に同じ情報を表示する事ができるようになります。

ダッシュボード > 外観 > ウィジェット で作成を行なってください。

固定フロントページ

フロントページ(トップページ)に最近の投稿を表示するか、固定ページで記載されたページを表示するか選択できます。

ブログサイト以外では、固定ページを使用してトップページをレイアウトしますが、あまり複雑なレイアウトは行えません。

そのため、固定ページ編集用のプラグイン「Page Builder by SiteOrigin」等を使用してレイアウトすることもあります。

また、フロントページに固定ページを使用する際は、投稿ページとして、内容が記載されていない空の固定ページも準備してください。

ダッシュボード > 設定 > 表示設定 でも設定する事ができます。


 

上記設定を保存するには一度、「保存して有効化」する必要があります。

公開前であれば、ダッシュボード > 設定 > 表示設定 で、検索エンジンでの表示 □検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする にチェックを入れておきましょう。

こうした作業を繰り返し、使いやすいテーマや希望のデザインのテーマを見つけ、レイアウトに反映させていきましょう。

※テーマによっては、設定できる項目が上記より多い場合があります。

-wordpress, ホームページ
-,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで赤べこマーケをフォローしよう!