福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

ソーシャルメディア

SNS同士で連携! 効率的に投稿しよう

2016/09/06

このサイトでは、ソーシャルメディア(以下 SNS : Social Networking Service)として、Facebook,Twitter,Instagramの利用を前提としています。

各SNSには連携機能があり、連携の主となるSNSで投稿した時、内容が連携先のSNSへと投稿されます。

それぞれの投稿・連携機能を理解しながら、効率的な投稿を目指していきましょう。

設定可能な連携と設定

※設定を行なう場合には、それぞれのSNSにログインする必要があります。

Twitter Facebook

連携したいTwitterアカウントにログインし、設定 > アプリ連携で、Facebookと連携するを選択し設定します。(パソコンにて設定)

参照:ヘルプセンター > TWITTERの活用法 > 応用編 > TwitterをFacebookで利用する

Facebook Twitter

Facebookにログインし、www.facebook.com/twitterにアクセスして設定します。(パソコンにて設定)

参照:Facebookヘルプセンター > Facebookページ > ページの管理 > プロフィールやページをTwitterアカウントにリンクするにはどうすればよいですか。

Instagram Facebook

Instagram Twitter

プロフィール右上のオプションより、リンク済みアカウントをタップして、連携したいSNSを選択し、ログインします。
Facebookページの場合、自分が管理するFacebookページを選択します。(アプリにて設定)

参照:Instagramヘルプセンター > Instagramから他のソーシャルネットワークにシェアするにはどうすればよいですか。

各SNSでの連携内容と対応

Instagram Facebook

連携を行なう際、Instagram→Facebookの連携については、同じFacebook社により運営されていることもあり、本文写真URL共、Instagram・Facebookがほぼ同じ内容で投稿されます。

異なる点としては、Instagramでは写真を中心としたSNSのため、URLを入力してもリンクは作成されませんが、Facebookでは自動リンクが作成されるということが挙げられます。

Twitter Facebook

このSNS同士の大きな違いは「投稿文字数」です。Twitter→Facebookの場合、制限文字数が多い方へ連携するため、文章については影響はありませんが、URLや画像が含まれる場合、以前に紹介したOGP(Open Graph Protocol)を使用した表示になります。

また、Facebook→Twitter、Instagram→Twitterの場合、Twitterの140文字という制限により、文字数がオーバーした場所から投稿ページへのリンクが作成されます。

また、URLが含まれる場合、文章の省略箇所が変わったり、
画像添付の場合、画像が表示されず投稿リンクになるなどの事象が起こります。

しかし、Twitterの利用者はこの投稿を連携によるものと理解してくれる方が多いので、多少の投稿であれば、影響は少ないと考えます。

おススメの連携方法

Peggy_Marco / Pixabay

上記を踏まえ、複数SNSを利用している場合、以下の連携をお勧めします。

Instagram Facebook

Instagramでは、1投稿につき1画像、長方形画像の独自のアスペクト比、などの点がありますが、Facebook上にて、画像がそのまま表示されるなどFacebookとの連携状況も良いため、積極的に使った方が良いと言えます。

Facebook Twitter

Facebookは文字数が多く、投稿記事もある程度しっかりしているため、投稿間隔が比較的長い。

逆にTwitterは140文字と文字数が少なく、短い間隔で多くの投稿が行われています。

また、Twitterユーザーは連携投稿について許容している部分が多いため、投稿機会を増やすという意味でも連携が有効だと考えます。

ただし、Facebookとの連携のみの投稿に終始してしまうと、コンテンツの質が落ちてしまうので、「Twitterでの投稿も積極的に」ということをつけ加えたい。


どのSNSも写真・画像を有効に使うということは変わらないため、連携投稿・個別投稿を上手に使い分けて欲しいと思います。

-ソーシャルメディア
-, , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで赤べこマーケをフォローしよう!