福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

wordpress ホームページ

30種類以上の機能が選べて使えるJetPackプラグイン

2017/02/10

wordpressはプラグインにより、様々な機能を追加する事ができますが、入れすぎると処理が遅くなる原因となったり、

プラグイン同士の相性により、上手く動作しないことなどがあります。

そのため、自分に必要なプラグインを厳選し、使用した方が安定して機能を使っていく事ができます。

その中で、基本的な機能を数多く網羅したJetpackのプラグインは、安心してインストールできるプラグインだと言えるでしょう。

2016.7.7現在、37の機能が利用できますが、その中から厳選した8つの機能を紹介します。

ウィジェット表示管理

通常、ウィジェットではテンプレートで決められた場所に表示しますが、ウィジェット表示管理機能を使う事で、

トップページにのみ表示するウィジェット、投稿ページにのみ表示するウィジェットなど、ウィジェットの使い分けを行なうことができるようになります。

カスタム CSS

以前、テンプレートのデザイン・レイアウトをCSSで変更しよう でも紹介させていただいた機能で、

CSSを直接style.cssで変更せず、 ダッシュボード > 外観 > CSS編集 で追記・編集が行なえるようになります。

カルーセル

投稿記事などに、WordPressギャラリーで作成した写真をLightBoxのような形式で、フルスクリーン表示が行えるようになります。

サイトマップ

前回、SEO対策をするにはコツコツ習慣を身につけようでも紹介させていただいた、Search Consoleに登録するための、XMLサイトマップファイルを生成することができます。

以前紹介した、Google XML Sitemaps(XML Sitemap Generator for WordPress)との大きな違いは、

最新1,000投稿までのサイトマップを作成するということですが、記事数が1,000件まで満たない場合には、充分利用に値する機能でしょう。(超えた場合に切り替えを検討しても良い。)

コンタクトフォーム

お問い合わせフォームのプラグインとしては、Contact Form 7 が送信前に入力内容を確認できる機能があり、よく利用されています。

Jetpackコンタクトフォームでは、確認画面の表示が行えませんが、ひとつのプラグインでお問い合わせフォームが作成できるようになるメリットは大きいですね。

サイト統計情報

wordpressのダッシュボード内にて、アクセス情報が閲覧できるようになります。

パブリサイズ

Facebook・Twitter等と連携することで、記事投稿時に自動的にシェアを行なうことができます。

また、シェア投稿時のコメントなども設定する事ができます。

ぜひ、OGPやTwitterCardsを設定してから利用したいですね。

SNSでの見やすさUP! シェアされやすいホームページを作ろう をご参照ください。)

タイルギャラリー

WordPressギャラリーで作成した写真をタイル状に自動的にレイアウトし、表示します。

カルーセル機能と組み合わせることで、クリックするとLightBoxのような形式で表示する事ができます。


 

上記以外にも、ウィジェットで「人気の投稿とページ(Jetpack)」や「Twitterタイムライン(Jetpack)」「Facebookページプラグイン(Jetpack)」など比較的簡単に導入できるのも魅力です。

Jetpackを利用するには、WordPress.comにてアカウントを作成する必要がありますが、日本語にも対応しているサイトですので、手軽に行なうこともできます。

上記の機能のうち、ひとつでも使ってみたいものがありましたら、ぜひインストールをお勧めします。

-wordpress, ホームページ
-, , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで赤べこマーケをフォローしよう!