福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

ホームページ

初心者でも安心。選ばれる記事タイトルの書き方3選

2016/09/07

前回、見つけやすい記事について考えようでは、検索方法から結果一覧までの流れを考えてみました。

訪問者が記事を選択する要素

  1. 検索エンジン:記事タイトル本文概要
  2. ポータルサイト:記事写真記事タイトル
  3. SNS(Twitter):アカウント名又は投稿記事全文

※SNS(Twitter)の投稿記事全文は140字という制限もあるため、本文概要と同じと捉えても良いかと思います。

多くの場合、記事タイトルで記事を選ぶ必要性があり、このことから、記事タイトルの重要性も見えてきたのではないでしょうか?

記事タイトルについて、以下のように様々な視点で検討することで、SEO対策にも繋がってきますので、ぜひ検討してみてください。

記事タイトルの書き方

記事タイトルで読む記事を選ばなくてはならないという事は、タイトルで記事の内容を伝えなくてはならないという事になります。

しかし、現在、流行しているような「釣り」や「煽り」要素の強いタイトルはお勧めしません。

それは、いずれ信頼を無くしてしまう事が容易に想像されるからです。

団体・企業様では重要な問題ですので、流行に流されないよう、次の3点をお勧めします。

タイトルは最後に見直しましょう

仮にテーマを決めて記事を書くのは構いませんが、始めから想像していたように記事全文を書き終える事は難しいと思います。

内容を見直しながら、伝えたい要点を整理して、タイトルをつけ直してみましょう。

このことで、タイトルと内容が違うということも防止できるほか、見直すことで、SNSと連携する際の概要抽出にも役立ちます。

数字を入れることを意識してみましょう

必ずしも必要なものではありませんが、数字を入れることで、ノウハウやハウツーでの簡単さや、実績などの目安や比較が具体的に想像できるようになります。

例えば、「駅のすぐ近く」よりも「駅から徒歩3分」の方が基準が明確で、閲覧者の信頼も上がりますよね。

これも記事を書いた後にタイトルを見直すことで、入れ込みやすくなってくることだと思います。

また、心理的に自分でまとめる時は、偶数の方がキリが良く、ついつい偶数になりがちですが、

奇数で記載した方が1つ特徴が出たようなイメージになるので、できるだけ奇数に合わせてみましょう。

記事タイトルの文字数

月間閲覧数が100億を超えるYahoo!ニュースでは、記事タイトルを13文字に制限しているといいます。

これは、Yahoo!ニュースで1日約4000本とも言われる情報の中から、訪問者がパッと見て選択できるようにとのYahoo!ならではの配慮ですので団体や企業サイト・ブログには大きな影響はないでしょう。

では、何を基準に検討すれば良いか。

それは、上記にもあるとおり、検索エンジンでの検索結果です。

2大検索エンジン、Yahoo!検索Google検索共に32文字を超えると以降の記事タイトルが「…」で省略されてしまいます。

必ずしも32文字以内とは言いませんが、記事タイトルの肝心な部分を32文字を超えた場所に書かないように注意したいところです。

※Yahoo!トピックスのようにポータルサイトでは、それぞれレイアウト等の基準に準じます。ポータルサイトに出稿する場合には13文字を意識してみてください。


多くの項目を入れてしまうと難しくなってしまうタイトルも、上記3点に絞って考えてみる事から始めてみましょう。

-ホームページ
-,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで赤べこマーケをフォローしよう!