福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

ソーシャルメディア ホームページ

初心者からステップアップ 一眼レフカメラの撮影モードを覚えよう

2017/03/29

前回、注目度アップ 初心者向け写真撮影の3つの基本テクニックでは、撮影前の基本的な部分について解説させていただきました。

より撮影について上達していくためには、自分の使っているカメラについて、機能等理解を深めていく事が重要となります。

ここでは、一眼レフカメラの撮影モードについて、覚えていきましょう。
(ミラーレスカメラでも同様かと思います。)

撮影モードの種類

提供メーカーにより、呼称の違いや特殊な機能等あると思われますが、大部分は以下の通りになります。

【AUTO】全自動モード

カメラの撮影ボタンを半押しすることにより、各種設定を自動で反映して撮影することができます。
全自動でも充分に撮影できますが、F値(絞り値)などを見て、ステップアップの参考にしていきましょう。

【P】プログラムAEモード

屋内などフラッシュが反応してしまう場合、フラッシュをオフにして使う事が多いかと思います。
ISO感度やホワイトバランス(WB)なども設定できますが、撮影の際の優先度は低めなので、初心者はこだわらなくて良いと思います。機能等、改めて別記します。

【S、Tv】シャッター速度優先AEモード

スポーツ観戦時などに有効なモード。
また、初心者がライトアップなどを撮影したい場合、手ぶれしない速度で撮影するのにも有効。

【A、Av】絞り優先AEモード

F値(絞り値)を基準にシャッタースピードを自動で決定し、撮影するモード。
一眼レフならではのぼけ味を活かした写真撮影ができる。
写真のぼけについては色々な要素が絡みますが、レンズの種類によっても変わることは覚えておきたいので、後日別記します。

【M】マニュアル露出モード

F値(絞り値)、シャッタースピードをはじめ、全ての機能について設定を行ない撮影するモード。
特に、夕刻や夜景風景の撮影を行なう場合には覚えておきたい。

バルブモード

花火では、打ちあがる花火の種類に応じて露光時間を使い分けたり、光の弱いホタルの光跡を撮影するために長時間露光したりする場合に使用したい撮影モード。
一眼レフ入門機では、マニュアル露出モード内にあることもあります。

簡単撮影モード、シーンモード

ポートレート、風景、クローズアップ、スポーツ、夜景ポートレートなど、特定の撮影シーンに適した機能設定を行なう撮影モード。一眼レフの上位機種には無い。
特に特殊な環境で使える夜景ポートレートは、モード切替のみの素早い設定に重宝します。


 

Meditations / Pixabay

様々な撮影モードを紹介いたしましたが、全自動モードの撮影からステップアップするにはまず、絞り値について学ぶことが近道。

絞り値を上手にコントロールするには、レンズも重要な要素のため、多くのレンズを使うよりも、まず標準レンズを様々な絞り値設定で使い倒して感覚を身につけるのをお勧めします。

絞り優先AEモードを使いこなしてステップアップしていきましょう。

次回はカメラの設定について案内します。
初心者からステップアップ 一眼レフカメラの設定を覚えよう

-ソーシャルメディア, ホームページ
-

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで赤べこマーケをフォローしよう!