福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

ホームページ

マインドマップで記事の種をつくる3ステップ

2016/09/07

他人の事はよく見えても、自分のこととなるとどうしたらよいか…。

自社のことは全て日常的なあたり前のことばかりで、記事にするようなことは何もない…。

なんてことはありませんか?

そんな時は、マインドマップを作成して、自社の情報を整理し、可視化してみましょう。

マインドマップの概要については、アイティメディア株式会社 > @IT > 5分で絶対に分かるマインドマップをご参照ください。

geralt / Pixabay

マインドマップの作成

まず、内容の核となるもの(ブログの主軸)を1つ挙げます。

例えば、製造業であれば、「製品」など。

そこから、製品分類-素材、製造方法-道具、従業員-技法…など様々な枝葉に分けて情報を出していきます。

書き出すことで、見えてくるものが必ずあるはずです。

何を記事にしたら良いのか分からない、記事のネタが無くなってきたという場合にはぜひ、マインドマップを作ってみましょう。

ネットで探すと様々な記載を見つけることができますが、難しく考えるより、まずやってみましょう。

そして、ブラッシュアップしていくためにネットの情報を参考にするのが良いと思いますよ。

 

情報への感度を高めよう

マインドマップを作成する事で、記事の種を見つけることができるようになりました。

製造業つながりで例を挙げるなら、「金属研磨」「コツ」など。

普段、何げなく作業している事でも、知らない方からみれば、目からウロコの情報かもしれません。

また、技術が漏れるとお考えの方、そういう技術があるからこそ、御社の魅力や信頼へ繋がるのではないでしょうか?

ぜひ、記事にしてみましょう。

マインドマップで取り上げた「単語」を頭の片隅において、感度を高め、記事の種を芽吹かせていきましょう。

 

情報を追加インプットしていこう

記事の種が芽吹いたら、その記事をカタチにして花を咲かせます。

しかし、花を咲かせて終わりでは、またいつか記事ネタが尽きてしまいます。

記事を書く際に、さらに関連する情報新しく得た情報にも目を向け、マインドマップを広げていきましょう。

そうすることで、次へ次へと種を作りだすことができるようになります。


 

私もそろそろ、マインドマップで情報の整理をしなくてはなりませんね…。

-ホームページ
-

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで赤べこマーケをフォローしよう!