福島県で実践 コンテンツマーケティング

赤べこでもわかるマーケティング志向ブログ 1記事5分でサイト運営の基礎を抑えよう。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアを始めよう

2016/09/07

日本国内でも注目すべきソーシャルメディア(以下 SNS : Social Networking Service)として、次の4つのサービスを挙げたいと思います。

LINEhttp://line.me/
国内利用者数 6,800万人(2016年1月)※月間アクティブユーザー数非公開
年代を問わず幅広く利用されている「お友達」SNS。
ユーザーアカウントとは別にLINE公式アカウントやLINE@アカウントのビジネス向けアカウントが存在。他のSNSとビジネス向け利用が異なる。
クローズド空間のため、LINE@公式ブログが参考になるかと。

Twitterhttps://twitter.com/
国内月間アクティブユーザー数 3,500万人(2015年12月末)
30代を中心に10~40代によく利用されている"基本"匿名SNS。
ビジネス向けにも一般アカウントと同様にアカウントが取得できるほか、無料で使用できるTwitterアナリティクスはビジネスに設定必須。
どちらかというと話題になるネタ投稿を好むSNSなので、ビジネスでは工夫を凝らした投稿にチャレンジしたい。

Facebookhttps://www.facebook.com/
国内月間アクティブユーザー数 2,500万人(2015年12月末)
20代を中心に30代~50代にもよく利用されている"基本"実名SNS。
ビジネス向けにはFacebookページがあり、無料で作成できる。ニュースフィードアルゴリズムによりタイムラインに投稿記事が表示されるため、いいね!していてもアルゴリズムに興味が無いと判断されると、ユーザーに表示されなくなってしまう。
どちらかというとトリビア的コンテンツを好むSNS。普段何気なく接しているものでもこんなストーリーがあった。というような投稿にチャレンジしたい。

Instagramhttps://www.instagram.com/
国内月間アクティブユーザー数 810万人(2015年6月末)
10代~30代女性を中心に利用者が増えつつある写真投稿SNS。
おしゃれかわいいかっこいいといった写真が好まれるが、見てもらうためにはハッシュタグを駆使する必要があるのが特徴。

Peggy_Marco / Pixabay

個人的な見解も含め、列記させていただきました。

独自の「ホームページ」「ブログ」の場合、より見ていただくためにSNSでの告知は必須です。

ビジネスでは個人事業主の方はTwitter、団体・企業はFacebookページがおススメかと。

しかし、コミュニケーションを中心としたサービスなので、放置は厳禁ですよ。

具体的な利用方法についてはまた、別記したいと思います。

-ソーシャルメディア
-, , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで赤べこマーケをフォローしよう!